遮光メガネとは

遮光メガネとは、まぶしさの要因とされる光の成分をカットして、それ以外をカットしないように作られた医療用のメガネです。

遮光メガネは、眼疾患により日の光がまぶしく感じて、まわりの景色が白く乱反射したりもやもや見えたりするような方に効果的です。

遮光メガネでカットするのは、光の成分です。光のうち、人間の可視光線は赤外線と紫外線の間ですが、紫外線側のものほど波長が短く、この短波長がまぶしさの原因となっています。遮光メガネは、この短波長をカットするのに優れています。

遮光メガネの効果は、まぶしさだけをカットする仕様なので、色のコントラストはそのままで、風景は自然に見えます。またサングラスと違って、暗く感じないことも特徴といえます。

遮光メガネについて

遮光メガネとは、まぶしさのみをカットするメガネのことをいいます。

誰しも日差しの強い日はまぶしく感じ、サングラスをかけたりします。しかし、サングラスではまぶしさは確かにカットされますが、同時に景色全体が暗く見えたり、コントラストがはっきりしなくなったりします。このような見え方は、目をかえって疲れさせ、視力低下を招く場合があります。

遮光メガネの場合は、まぶしさを感じさせる紫外線近くの短波長(500nm前後)の光のみカットするため、サングラスの場合のように、景色が暗くなったりコントラストがぼやけたりはしません。

遮光メガネは、目に厳しい短波長から目を保護し、視力低下を食い止める上でも効果的です。

なお、紫外線は波長が400nm以下の光線です。遮光メガネがカットする波長と若干異っていますので、紫外線もカットしたい場合は、きちんとUVカットする必要があるでしょう。

スポンサードリンク